アーカイブ

Profile

サスペンションリペアショップ『moto AZURE』のブログ モトクロス選手としての経験をもとにオフロードバイクのサスペンションリペアショップとして営業中。

専門誌『ガルル』『ダートスポーツ』『バックオフ』などのHow toコーナーでも取り上げられている。

過去ブログ


過去に書いていたブログは現在も残しています。
こちらもご覧ください。

ブログランキング参加中!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
クリックお願いします!!
tracker

facebook

twitter


  • 前回RM125とYZ125のShockのロッドを

    再めっきに出し、

    今日、仕上がって来ました。

    続きを読む »


  • YZ125-84`とRM125-86`のShockのOH依頼。

    今回ロッドにさびが多く、再めっきしないと修理不可能です。

    YZ125-84`のShockのOH,カヤバ製です。

    下のこちらもロッドにさびが多い為、再めっきが必要です。

    このRM125のShockはカヤバ製でした。

    シールとバンプラバーも交換します。

    YZのロッド上の画像にこの様な錆が無数。

    でも、修理は出来ます。

    オイルシールは入手出来、バンプラバーも新品取り寄せ

    でOHします。

    この時代のヤマハShockにリヤブレーキと連動のオイル

    圧力抜きが装着しています。ブレーキング時のサス跳ね緩め様。

    2年間ぐらいだったか定かではないですが、新装置と売り込んで

    いましたが、その後普通タイプに戻りました。

    RM125のShockを分解開始。

    ロッドだけに分解して上のYZのロッドと一緒に

    再めっきして貰う様、連休明けの6日に発送します。

    どちらも、分解は同じパターンです。

    RMのShockロッドにも沢山、錆が見られます。

    再メッキ出来上がりはおよそ、2週間ぐらい掛かるので

    お客様には、お待ち頂く事にします。


  • T崎氏の息子用、KL110のリヤスプリングを強化タイプに交換。

    連休前に取り替えて走りに行くそうです。

    キッズ用レーサーバイクはどの部品パーツでも取り外し

    やすく成っています。

    フロントスプリングは以前強化タイプに交換済みです。

    ノーマルのショックスプリング。

    サス本体を取り外します。

    スプリング巻きと線太さは少なめでした。

    スプリングコンプ工具を使い、縮めて押さえて、金具を外さないと、いけません。

    BBRのKL110用スプリングを取り付けました。

    巻きと太さ、ノーマルと大分違います。

    連休で思いっきり走って貰いましょう!

    ヒカル君がんばって!


  • クラッチか切れなくなったと依頼でした。

    恐らく、アウターケースの磨耗とインナーハブ(ボス)

    の磨耗で起きることが多いいので、その辺の部品を

    発注!

    続きを読む »

2 / 212