アーカイブ

最近のコメント

Profile

サスペンションリペアショップ『moto AZURE』のブログ モトクロス選手としての経験をもとにオフロードバイクのサスペンションリペアショップとして営業中。

専門誌『ガルル』『ダートスポーツ』『バックオフ』などのHow toコーナーでも取り上げられている。

過去ブログ


過去に書いていたブログは現在も残しています。
こちらもご覧ください。

ブログランキング参加中!!

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
にほんブログ村
クリックお願いします!!
tracker

facebook

twitter

  • ジェベル250 サスペンション オーバーホール


    ジェベル250XCのサス前後OHご依頼。

    フロントフォークのオーバーホール中、ダミーのフォークを

    付けて置き、移動出来る様にしておきます。

    フォーク分解の最初にオイルを抜き出し、有る程度抜けてから

    全分解します。

    経年変化で出てきたオイル、黒く傷んでいました。

    交換オーバーホール時期が来ていた様です。

    全分解始めます。

    リンク周りを外し、ショックユニットを抜き出します。

    左サブフレーム1本を外し、クリーナーBOXとバッテリーも取り外し

    ショックを抜き出す空間を作ります。

    ショックユニットを外しました。

    オイル漏れで出てきたオイルが回り、泥などの汚れがオイルと

    混ざり、黒くなっています。

    スプリングを外し、ボディー全体を洗油で洗い流し、分解

    初めます。

    リヤもフロント同様に移動出来るよう、ダミーバーを

    ショックの取り付け位置に取り付けておきます。

    ショック分解しロッドに少数の傷が有り、ゴム砥石リューターで

    磨き、バンプラバー交換とオイルシールを交換し

    ボディーに組立て初めます。

    ここから仕上がり画像追加します。

    フォークも組みあがり、車体に取り付け、ブーツも所定場所に

    付け、フォーク組芯だしして終了。

    ショックを取り付け、クリーナーBOX取り付け用意。

    クリーナーBOXとバッテリー周りを外してサスは外し

    ましたので、同じ様に組み付けます。

    ショックのガス室ケース、ガスを注入するノズルがこのタイプ

    (ジェベル、NSR、その他)無いので、違うパーツを新たに

    付けて後からでも、ガス再注入できる様、

    このノズルを使います。

    全体調整しお客様の納車。


コメント